突然の検査にあわてないために日頃から業者として取り組むべきことは | 金融商品取引法-info.jp

金融商品取引法
  • home
  • 法人概要
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
トップページ>突然の検査にあわてないために日頃から業者として取り組むべきことは
突然の検査にあわてないために日頃から業者として取り組むべきことは

証券取引等監視委員会の検査は、なんの前触れもなく突然行われます。

ある日突然、会社に証券取引等監視委員会からの検査が入っても困らないようにするためには、日頃から法令遵守態勢・内部管理態勢等の充実・強化等を自主的に取り組んでおくことが重要です。

また、金融庁のホームページ、証券取引等監視委員会のホームページをチェックするなどして、常に新しい情報を入手して対応していくことも必要になります。

これらの対応は、本来社内で行う事ですが、社内だけでは対応するのが難しい場合もありますので、そのような場合は金融商品取引法に関するコンプライアンスの専門家にサポートしてもらうのも一つの方法でしょう。

金融商品取引業者が日頃から取り組むべき社内体制の整備のお手伝いを致します。

金融商品取引法−info.jpでは、金融商品取引業者様向けに、法令遵守・内部管理態勢の強化を図るために必要な社内規程の整備、コンプライアンス関連文書の整備、作成等のサポートを行っておりますが、趣旨としては、日頃から金融商品取引業者様が法令等を遵守し、突然の検査等があっても困らないように会社として態勢を整えるお手伝いとして行っております。

日頃からきちんと社内態勢を整え、万が一検査を受けても、行政処分等を受けず、安心して業務を行っていきたいとお考えの会社様は、ご相談ください。

ページトップへ

→next 営業を行うにあたり金融商品取引業者として遵守すべきルールとは

ご相談、業務のご依頼

お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問合わせ メールでのお問合わせ

〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2番地 第二麹町ビル5階

tel.03-5215-3517 fax.03-5215-3519

サービスメニュー
  • 社内規程、コンプライアンス関連文書等 作成サポート
  • コンプライアンス・マニュアル、コンプライアンス・プログラム等 作成・実施サポート
  • 継続的コンプライアンスサポート
  • 各種届出、事業報告書、業務方法書等 作成・提出サポート
  • メールマガジン配信中
金融商品取引業 登録後の諸手続き 登録業者が行う社内態勢整備 登録業者が受ける検査、行政処分について 登録業者が営業を行う際に注意することは 金融商品取引法情報 サービス概要 インフォメーション
お問い合わせ
Copyright(C)2007 金融商品取引法-info.jp All rights reserved.